22年目の告白-私が殺人犯です- ぎりぎりネタバレなしレビュー この映画みるべきか?

   

22年目の告白-私が殺人犯です- この映画みるべきか?

22年目の告白-私が殺人犯です-を見てきました。

映画は好きでも、普段わざわざ映画館まで見に行くことのない私。

しかし、藤原竜也さんの出演映画は特別です。

クズ人間、殺人犯、強盗犯、サイコ系ヤバいやつ。

これらを演じる藤原さんの映画を1年に1度は見ないと気がすまない。

カイジ以来、藁の盾、3分の1、Monsterzのほか、彼の出演映画はすべてチェックしてきました。

まあ、はっきりと言うと中毒になってます。

藤原さん自身「クズの役しか来なくなった」と言われているそうで。

はたして今回も、キングオブクズぶりを見せてくれるのでしょうか?
 
 

スポンサーリンク


 
 

あらすじ

1995年、同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。

犯人はいずれも被害者と親しい者に殺人の瞬間を見せつけており、殺害方法は背後からの絞殺、そして目撃者は殺さずに犯行の様子をメディアに証言させるという独自のルールに則って犯行を重ねていく。

捜査を担当する刑事・牧村は犯人を逮捕寸前にまで追い詰めるが、犯人の罠にはまって上司を殺され、事件は未解決のまま時効を迎えてしまう。

そして事件から22年後、犯人を名乗る男・曾根崎が執筆した殺人手記「私が殺人犯です」が出版される。

曾根崎は出版記念会見にも姿を現し、マスコミ報道やSNSを通して一躍時の人となるが……。

告白本を出版する美しき殺人犯・曾根崎役を藤原が、事件発生時から曾根崎を追い続ける刑事・牧村役を伊藤がそれぞれ演じる。

source : http://eiga.com/movie/85298/

 

はじめから最後までどっぷりネガティブ...がしかし

この映画がどんな映画かをザックリ言うと、「人間が持っている心の闇」にフォーカスをあてた作品です。

出演者の一人ひとり、すべてが心に深い深い闇を抱えています。

映画は終始

闇 闇 闇!

闇の連続で、一向に光は射してきません。

なんかとっても暗いし、話のスジがほぼ予想通りだしで途中で「なんかヤバい映画見に来ちゃったなー」、という感じになりました。

ところが、ストーリーの中間くらい、犯人がテレビに出演するあたりから思わぬ方向にストーリーが展開し始めるのです。

話はそのまま2転3転し、テンポよく最後の結末まで突き進みます。

 

1995 2010 時効廃止

この映画の原案は、韓国映画の「殺人の告白」ですが、日本の「22年目の告白-私が殺人犯です-」はほとんど原案映画とは別物と言えるくらい日本独自の脚色がされています

今回私が、この脚本が大変に素晴らしいと感じた点は、そこに1995年阪神淡路震災2010年「重大犯罪の時効が廃止された」という日本で実際に起きた2つのことをプロットのなかに組み込んだことです。

1995年の阪神淡路震災に遭遇し、心に深い傷を負ってしまった里香(主人公牧村航刑事の妹)。

その里香が殺された日からちょうど15年後の同じ日に時効が廃止されるという流れは、実際に日本で起きたこととピタリとシンクロし、つじつまが合っています。

この素晴らしいアイデア(日本で実際に起きたことを話の筋に組み込んだこと)によりリアル感がまし、この映画が本質的に言いたいことがより深く理解できるという仕組になっていて、素晴らしい発想(脚本:平田研也、入江悠)だと感じました。
 

スポンサーリンク

 

期待を裏切らない藤原竜也さんの演技

藤原さんの演技はやはり素晴らしかったです。

藤原さんと言えば顔を血まみれにさせた迫真の演技ですが、今回もその藤原さんを存分に味わうことができました。

しかしこの映画、藤原さんだけではなく周りを固めているキャスト陣も皆やたら演技に熱が入っているのを感じました。(もしかして藤原さんの影響でしょうか)

特に良かったのが夏帆さん(岸美晴役)の自分の父親を殺された犯人への怒りをあらわにするシーン。

ブックショップに努める岸美晴は、自分の父親を殺した犯人の執筆した本が目の前でどんどん売れていくことがどうしても納得いきません。

そして、岸美晴がブチぎれるのです。

あの穏やかな可愛い夏帆さんがなりふり構わず怒りをあらわする。

「えっ......あの夏帆ちゃんが、こんなすごい演技の出来る大人になってたの...!」

夏帆ファンの私としては、このシーンを見れただけでもこの映画を見てよかったなと思いました。
 

これからの日本映画への期待

今まで、メジャーな製作会社、配給会社でつくられた映画で過去に日本で起きた大震災(東日本大震災など)をストーリーに組み込んだ作品というのはほとんど出てきていません。

被災に遭われた方々への配慮の為にデリーケートに扱わなければいけないテーマであるとは分かります。

「人の不幸を利用して金もうけするとは何事だ!」などのお叱りも受けるでしょう。

しかし、このままアンタッチャブルの状態が続いてしまうと、どんどん災害の事は風化し人々の心からフェードアウトしてしまいます。

日本人は特に、そういったことを忘れてしまおう、無かったことにしようとする傾向が強くあります。

もちろん当事者は絶対忘れることはありません。

しかし、当事者以外の一般の人々は残念ながらすぐに忘れてしまう」のです。

そういった意味で「22年目の告白-私が殺人犯です-」は、阪神大震災の出来事を思い出させてくれ、またそこで心に痛手を負った方々への理解を深めるということが大切だということを思い起こさせてくれました。

なぜ、心に痛手を負った方々への理解が必要なのでしょうか?

それは、それが私たち自身なのだからです。

人のこころの構造は同じであり、つながっているからなのです。

この映画のように過去にあった悲惨な災害、重要な事件を映画のなかに優れた形でもりこんだ作品が日本映画に増えてくれることを強く希望します。
 

この映画観たほうが良いのか悪いのか?

繰り返しますがこの映画「人間の心の深い闇」を題材にした映画です。

ストーリーが続くかぎりずっと暗闇が続いていきます。

人は誰しも大なり小なり心の奥深くにブラックホールを持っている。

暗黒な闇を隠し持っている。

そしてその暗闇は周りの人間に影響を及ぼし連鎖を繰り返していく。

この事実を認めたく無い方、蓋をしておきたい方はこの映画を見ないほうがいいかもしれません。

しかし、そのネガティブな部分に目を伏せず勇気をもってその部分を直視するならば、より人間理解が深まり、深い穴を流れるマイナスエネルギーをポジティブに昇華させることができるようになるのだということをこの映画は教えてくれることでしょう。

私、個人的にはこういった人の心の闇をテーマにした系の映画は

大好きです!

いろいろ学ばさせてくれた映画でした。

 

 - 映画