【えつらん注意】世界で最も危険な人間 7人 「世界が恐怖する超ヤバいやつら!」

   

現在世界が最も恐れる危険人物7人

現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。

彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。

究極のサイコパスが勢ぞろいです。

このような人々には決して近づかないようにしましょう。
 

スポンサーリンク


 

コーディー・ウィルソン(武器トレーダー)

 

この人だれ?:   ハンドメイド武器商人グループ ディフェンス・ディストリビューティッド( Defense Distributed)責任者.

どこの人?:   アメリカ

彼の目的は?: 武器は政府に規制管理されるものではなく自由に製造し自由に販売する物である。「権力に対抗するためには民衆が武器を手にする必要がある」と主張。

この人なにしたの?:  3Dプリンターで製造できる銃の設計図をインターネットで公開。また自身のサイト上で銃を作るためのソフトウェア―も公開。その名は「リベレイタ―(解放者)」。10万回以上ダウウンロードされていて、アメリカ国務省はサイトからそれらを削除するよう通達している。

 

イスマエル・サンバダ・ガルシア(犯罪カルテルのリーダー)

buena%20ismael%20el%20mayo%20zambada
 
この人だれ?: メキシコ最大の犯罪組織「シナロア・カルテル」のボス

どこの人?:  メキシコ

彼の目的は?: 数千億円規模の麻薬組織の勢力維持と拡大

この人なにしたの?: 殺人、拷問、誘拐、恐喝、密輸、資金洗浄など。

ライバルのカルテルとの紛争ではメンバーと一般人を大量殺りくしたが政府との麻薬戦争においても多くの兵士を殺傷している。

組織のトップを引き継いだ後アメリカのみならず、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカで活躍する巨大カルテルに成長させた

普段は人前に出ることはなく人里離れたシナロアの山中でくらしているらしい。「山は私の家で、家族で、私を守ってくれるもので、私の土地だ。自分が飲む水のようなものだ」と述べている。

 

オマル・アル=バシル(悪徳独裁者)

 

この人だれ?: スーダン共和国第6代大統領

どこの人?:  スーダン

彼の目的は?: 南スーダンにおける反政府勢力の弾圧と独裁支配

この人なにしたの?: 2003年から続くダルフール紛争で集団虐殺を指示したとして国際刑事裁判所から逮捕状が出ている

ダルフール紛争とはバシール大統領がアラブ系民兵を使って反政府勢力を弾圧、死者は20万とも30万とも言われ、数千人がレイプされ、数百万人が難民になった紛争。

ワシントンポストの『世界最悪の独裁者ランキング』で2005年~2007年にかけて3年連続で1位に選ばれている。

2015年の中国大規模軍事パレードに参加したというのが話題になった。

 

アブ・バクル・アル=バグダーディー(Isis リーダー)


 
この人だれ?: Isis(過激派組織イスラム国)のリーダー

どこの人?:  イラクとシリア

彼の目的は?: 北シリアと東イラクのエリアに自身のイスラム国を創ること。その後次第に拡張させて世界全体をイスラム国にすること。

この人なにしたの?: 世界各地でのテロ活動、誘拐、人質殺害。2015年の日本人ジャーナリスト人質殺害では、身代金および死刑囚の釈放を要求するも受け入れられず2名を殺害。

 

ガーセム・ソレイマーニ(イラン愛国主義者)

 

この人だれ?: イラン・イスラム革命防衛隊のゴドス部隊の司令官。

どこの人?:  イラン

彼の目的は?: 中東におけるイランの国益を確保すること。

この人なにしたの?: サダムフセインのイラン侵攻のとき中尉だったソレイマーニは、敵陣地に潜入する大胆な偵察作戦を成功させて名をはせる。

1990年代アフガニスタンに近いケルマーン地域の革命防衛隊司令官を務めるも、アフガニスタンからトルコ、欧州への麻薬密輸に従事。

2013年アメリカ軍がシリアを攻撃した場合、バグダッドのアメリカ大使館などアメリカの権益を攻撃するようイラクのシーア派過激派組織に指示。

現在米国のテロ関係者リストに記載されている。

 

イブラヒム・アシリ(テロ爆弾開発の専門家)


 

この人だれ?: 国際テロ組織アルカイダの爆弾製造専門家

どこの人?:  イエメン

彼の目的は?: テロで使用する爆発装置の研究開発を通じて西洋諸国にダメージを与えること。

この人なにしたの?: 2009年に米国行き航空機の爆破未遂事件。2009年、サウジアラビア副内相暗殺未遂事件。に関わっていた。

CIAのジョン・ブレナン長官はアシリについて「相当の訓練を受けた経験豊富な人物で、極めて危険な人物」と述べている。

最近では、体に埋め込んで空港の保安検査を通り抜けることができる新型の爆発物を開発したという情報が広がっている。

 

スポンサーリンク


 

孫凱亮(サイバー兵士)

 

この人だれ?: サイバー兵士。 中国人民解放軍のサイバースパイ組織「61398部隊」のメンバー。

どこの人?:  中国

彼の目的は?: ハッキングにより得た情報を中国国益のために活用しアメリカにダメージを与えること

この人なにしたの?: アメリカFBIは孫を含む中国軍将校5人国配際指名手者に指定。

彼らはアメリカのメジャー企業数社のコンピューターシステムに不正侵入し、核発電やソーラー発電、金属産業に関する膨大な情報を盗み出した容疑。

 

ジャラルディン・ハッカニ(タリバン強硬派)


 
この人だれ?: タリバン強硬派「ハッカニ―ネットワーク軍」の創始者

“1980年代、ソ連軍のアフガン侵攻に抵抗するムジャヒディン(イスラム聖戦士)として頭角を現したジャラルディン・ハッカニ司令官を首領とする武装集団。推定構成員数は1万~2万人。タリバンの中でも強硬派とされ、アフガン側の米軍などに越境攻撃を繰り返しているとみられる。最高指導者オマル師率いる指導部からは一定程度独立し、自由裁量でテロ活動を展開しているとも指摘される”

どこの人?:  アフガニスタン

彼の目的は?:  イスラム法の施行とアフガニスタン政府の転覆

この人なにしたの?: アフガニスタンの最も危険な反政府勢力を率い複数件の誘拐事件やアメリカ軍と連合軍への襲撃を行ってきた。

2011年6月のカブール市内のインターコンチネンタルホテル事件では民間人11名と現地警官2名が犠牲になった。

2011年9月にはワルダックでトラックによる自爆テロを実行、米軍兵士77名が負傷している。

2012年6月には、カブール近郊の高級ホテルで宿泊客を人質に12時間占拠、民間人14人を含む18人以上が殺害された。

ハッカニは2014年に死亡したという説が流れているが定かではない。

 

 

 - からしこトピックス