【タバコ代節約術】確実にタバコ代を30%減らす最も簡単な方法…そのまま禁煙に移行も可

      2017/01/11

確実にタバコ代を30%減らす最も簡単確実な方法

喫煙者には世知辛い時代になりましたよねー、ほんと!

吸える場所はドンドン狭まっているしタバコの値段も上昇するばかり。

私自身は、何年か前に苦労に苦労を重ねなんとか禁煙に成功しまして、こんな時代になってみると「あのとき止めておいてよかったなー」と感じる今日この頃です。

そんな私も、タバコを止める前はやはり高いタバコ代をどうにか節約できないものなのか試行錯誤したこともありました。

特に給料日まえは、どうにか安く吸える方法がないものかいろいろ試しました。

確かにタバコ代を節約する方法はいくつもあるのですが、いかんせん面倒くさい方法ばかりなんですよね。

自分で紙巻きもトライしてみたり、パイプなどもためしましたがやはり自分で巻いたりとかパイプを掃除したりとかするのけっこう面倒。

そんな中、一番楽に簡単にタバコ代を節約出来たものを今日はご紹介します。

あまりに簡単な方法のため一瞬で説明が終わってしまいますので、どうぞお見逃しないようお願いします。

 

スポンサーリンク


 

ロングサイズ100‘s タバコと100円ショップタバコフィルターを用意する

1.100sサイズ(ロングサイズ)のタバコを購入しますmevi

 

2.センターをカッターナイフでカットします


3.フィルターのついていない方に、タバコフィルター装着して吸います
(もちろんフィルターが付いている方はそのまま吸います)

super25

 

after-joint

以上。

これで一箱20回吸っていたのが倍の40回吸えるようになるのでコストはかなり下げられます、しかし半額までは難しくせいぜい3割減くらいとなります。理由は次の「この方法の短所」のところでご説明します。

この方法の短所

正直吸った感がややもの足りない

このやり方の唯一の短所ですが、やはりいまいち吸った感がもの足りません。

もの足りないので吸う頻度がやや上がります。

吸う頻度は上がりますが二倍までは上がりません。

一般的に喫煙者と言うのはタバコを根元まで完全に吸う人は少ないわけで、大概は7分目(70%)まで吸って残り30%はすてるし、良く吸っても8分目ですよね。

この方法ですと50%吸うわけですからいつもよりも20%から30%ほど少なく吸うことになります。この20%の違いに耐えられるかどうかがポイントの分かれ目となります。

このもの足りな感の対処法は2つあります

対処法1 たまには丸まる一本、根元まで思う存分吸う
対処法2 今まで吸っていた銘柄よりもニコチン、タールの含有量の多いタバコを買う。
いわゆる重いヘビータバコに変えればニコチン、タールがしっかり摂取できます。
 

スポンサーリンク


 

この方法の長所

吸いすぎに気を着けることができる
このように一回に吸う量が20%削減しますので確かに吸った感はやや物足りなくはあるものの健康の事を考えるとメリットとなります。

タバコのありがたみがわかるようになる
いままで当たり前に吸っていたタバコに対しての見方が少し変わってきたりもします。
たまには丸々一本吸ってみましょう、なんともいえない贅沢な事をしている感じになりますし、今まで惰性で無意識に吸っていたタバコに対ししっかり意識的に吸いこむことができるようになり味も美味しくなります

シケモクを吸うときのわびしさ感が無い
誰でも一度や二度はしけもくを吸った事があると思いますが、あれってなんとも侘しいものですよねー。このやり方ならちゃんと毎回毎回フレッシュ品ですのでそのような侘しさはありません。

うまく行けば禁煙に結びつけることも…
やや少なめのニコチン摂取に体がだんだん慣れて行きます。
2分の1にカットしていたのを3分の1するなど工夫していき、ついには「禁煙成功!」なんていうのも夢ではありません。

何と言ってもやり方が簡単
何と言っても方法が簡単です。いちいち手で紙を巻いたりパイプを掃除したりしなくていいんです。
 

最後に一言アドバイス

このやり方をするときにもう一言だけ大切な事を付け加えるとしたら、吸うときに「吸うことに集中」することです。

テレビを見ながら吸うとか、スマホをいじりながら吸うとかではなく、ひたすら吸いこんでいる煙、吐き出す煙に気持ちを一点集中させることです。

まるで一つの宗教儀式のように(笑)

そうすることで、吸った時のもの足りなさ感は激減します。

一度も試されたことのない方は、ぜひ一度お試しください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 - ライフハック