U-mobil プリペイドSIMを使ってみてわかったメリットとデメリット

   


みなさんこんにちは、Sim難民ロドリゲスです。

 

一時帰国者などにとても便利という口コミで評判のU‐mobil プリペイドsim。

使用日数が7日間、15日間、30日間から選べ値段も手ごろなSimカード。

私もこの利便性に魅せられ、今回一時帰国の際に迷うことなくこれをチョイス。

使ってみて初めて分かったメリットとデメリットをご紹介させていただきます。

実際に使用してみたところ大きなデメリットを感じましたがまずはメリットから。 
 

スポンサーリンク


 
 

U‐mobil プリペイドSIMのメリット

・購入後すぐに使える

・一日200MB以内なら速度は十分

 

購入後すぐに使える

購入時に自己証明の提出や、書類に記入するなどのめんどうな手間は一切ありません。

お金を支払う、ただそれだけです。

また購入後すぐに使用開始できて便利です。

ただし、SIMカードを自分で差し込み自分で設定をしなくてはいけませんが。

 

一日200MB以内なら速度は十分

一日200MBいないであれば速度は十分に速く動画もツッカエる事はありません。

しかし、一日200MBは動画を閲覧するにふさわしい量ではありません。

画質にもよりますが、もし高画質でYoutubeなどを閲覧したばあい、あっという間に無くなります。

最低画質にして10分以内のものなら5~6本程度でしょうか。

スポンサーリンク


 
 

U‐mobil プリペイドSIMのデメリット

・最初のAPN設定は自分でやらなければいけない

・一日200MBはちょっと物足りない

一日200MBを超えるとほぼストップしてしまう

 

最初のAPN設定は自分でやらなければいけない

最初にSIMカードの差し込みと接続設定(APN)は自分でやらなければいけません。

設定情報はSIMカードが梱包されている紙カバーに記載されています。

しかし、設定手順は(スマホによって微妙に違うこともあり)記載されていません。

一度も設定をされた経験の無い方、苦手な方は苦戦することと思いますが、すでに慣れている方にとっては簡単です。

上手くいかない方は、カスタマーサービスの電話番号が記載されていますのでそこでサポートを受けれる事と思います。
 

一日200MBはちょっと物足りない

私の用途はメールチェックとネットでの調べ物少々、それからネットサーフィン一日1時間程度ですが(動画は見ず、フェイスブック、ラインその他SNSはやらない)、一日200MBだとギリギリOKという感じで、それもデータ制限を気にしながらの使用です。

欲を言うとあと100MB(合計300MB)あるとわたしの用途に丁度良いのですが。

 

一日200MBを超えるとほぼストップしてしまう

最後にこのSIMカードの一番のデメリットをお伝えします。

一日200MBに達すると同時に回線速度はほぼ0になります。

ネット上でのUmobilの説明では、一日200MBを超えた場合、当日中は200kbpsとなると書かれています。

 

 

しかし、実際に使ってみると200MBに達した瞬間、完全に停止はしないものの、ほぼ停止していると言えるくらいの絶望的な速度しかありません。

もし本当に200kbpsの速度があったら、高速ではないもののそこそこの速度があり、やや遅めのネットサーフィンは問題ないはず、ネットサーフィン閲覧もいつもの3倍程度待つくらいで済むはずなのです。

こちらがアプリを使って実際に計測してみた200MBに達する前と後のスピードテストの結果です。

200MB以内での速度テスト結果

200MBに達した後の速度テスト結果

200MBに達した後の速度テスト結果を見ると、接続は切れてはいないもののダウンのスピードはほぼストップしているも同じです。

 

まとめると

一日200MB以内しか使わない方、メールチェックとSNS使用中心の方には問題ありませんし、スマホで2時間ほどネットサーフィン、ネットショッピングする分には問題ありません、しかしそれ以上の使用や例えば動画閲覧などには全く適していません。

設定にあるデータ使用量を時々チェックしながら、使用配分などを気にしながらの使用が必然となります。

そのあたりを踏まえて使用出来る方には値段も手ごろですし、期間も7日15日30日から選べとりあえずネットにつながる環境が必要という方にはお勧めできるSimカードです。

 - スマートフォン