集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

コラム

史上最高額830億円を当てたメービス・ワンジクさんの写真「どんな人なの?」

史上最高額830億円当たったメービス・ワンジクさんの写真画像

メービスワンジク,メイビスワンジックの写真,画像

BARRY CHIN/GLOBE STAFF

世界史上最高額の830億円を当てたメービス・ワンジクさん。

53歳のアメリカ人女性、病院で32年間患者さんのケアーをする仕事をされてきました。

男性と女性の二人のお子さんをお持ちです。

 

「今日、ここには自分で車を運転してきましたが、その途中でも、『こんなことありえない、絶対信じられない』って気持ちでした」

記者会見では、お母さんと姉妹と友にやってきて「自分は31歳の娘と26歳の息子の母親だ」と語りました。

メービスワンジク,メイビスワンジックの写真,画像

 

当選してすぐに勤務している病院に電話連絡しました「もう職場には行きません」と。

どうやって当選に気が付いたの?

今回の当選は、職場の同僚であるロブさんが当選番号をよみあげてくれ、そこで初めて気が付いたのだそうです。

メービス:「わたしその番号もってるわよ!」

ロブ:「うそだろ、みせてよ...」

メービス:「あなた、私のことからかってるでしょ!」

という会話があった後に、ロブさんがメービスさんのクジ番号をチェックしてくれ、

「当たっているからここにすぐに自分の名前(サイン)をいれるんだ」と教えてくれたのだそう。

いい同僚をお持ちで、ラッキーでしたね。

番号はどうやって選んだの?

メービスさんが当選したのは「パワーボ-ル」という宝くじで、6つの番号を自由にチョイスするものです。

番号は、メービスさんが自分自信で選んだ番号で、自分の誕生日を含め自分の人生に関連した数字を組み合わせランダムに数字をいれたと話しています。

当選金はなんに使うの?

当選金を何に使うかは、まだ決まっていないようで、

「最初にやってみたいのは、ただ座ってリラックスするだけ」

「わたしはただ自分を見失わず、一人になり…本当に自分がやりたいことを見つけ出したいと思っています」と語りました。

膨大な金額を当ててしまったことに恐怖を感じていることも彼女は認めています。

 

一括払いを選択したメービスさん

パワーボール宝くじの当選金は、30年の分割払いと一括払いの二つの選択から選ぶことができるのですが、メービスさんは一括払いを選びました。

「一括払いを選ぶにきまってるじゃーん!」という声が聞こえますが実はそうでもないのです。

なぜなら、30年分割を選ぶと当選金を丸々もらえるのですが、一括払いだと大幅に受取額が減るのです。

例えば今回のメービスさんの場合、一括を選んだので金額は830億円から520億円に減らされ、さらにそこから税金が差し引かれ受取額は約365億円になります。

365億円もらえれば十分と言えば十分ですね!

メービスさんの宝くじの1等は、公式の発表では2億9200万分の1とされる確率でした。

アメリカでは、日本円で1860億円のあたりが去年(2016年)に出ましたが、3人の当選者で均等に分けたため、1人が獲得した金額としては今回のメービスさんの金額には達していません。

 

Living the good life together.




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-コラム

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.