集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

おもしろ コラム ランキング & リスト

【ネット黎明期ウェブサイト特集】90年代風ホームページコレクション〈なぜかホットするぞ!〉

2019年3月31日、ジオシティーズがついに幕を閉じました。

懐かしホームページの宝庫だったジオシティーズ。

インターネット黎明期のホームページが見つかる場所として、マニアにはたまらなかったのですが。

残念!

しかし、悲しむことはありません。

ネット界隈を散策してみると「まだまだあります90年代風のホームページ」あります。

このような企画で必ず筆頭に取り上げられるのは阿部寛さんのHPですが、あまりにも有名なためここではスキップさせていただき、そのほかの「いまだに魅力溢れる90年代風サイト」をご紹介します。

一見、シンプルなデザインでほのぼの系に見えるサイトばかりですが、実際には全く逆で、内容が濃く(濃すぎる)奥深いサイトばかりです。

注意ポイント

実際に90年代から開設されているサイトも含まれますが、90年代風デザインの2000年以後に開設されたサイトも含まれています。

 

Minor Mind Maniaxe 1997年開設

1997年からスタートし現在(2019年)も今なお更新されている超驚異的なサイト。

コンテンツの中心は、70~80年代のヘビメタ、ハードロック等のアルバムの紹介

そのレビュー数は1400以上

この記事の趣旨にピッタリの王様的サイト。

どうかいつまでも無くならないで(デザインも変わらないで)ほしい!

http://matsnagger.ninja-mania.jp/

 

みどりの靴下の部屋 1998年開設

自らを「世界旅行者」と名乗る”みどりのくつした”氏の旅行情報の個人サイト。

1998年創業のこのサイトは2019年現在いまだに更新され続けている驚異的サイトで、このサイトのコンテンツをすべて読もうと思ったら毎日読んでも最低1年は必要だろう。

ほぼすべての国を訪ねたと思われる、”みどりのくつした”氏。

現在は珍しくないノマドライフの先駆け(先駆者)的なポジションではないだろうか。

旅の途中でこの”みどりのくつした”氏に遭遇したバックパッカーは数知れず。

氏の「歯に衣を着せぬストーレートな表現スタイルとキャラ」に、支持者とアンチが真っ二つに分かれるのが面白い。

しかし、なんだかんだ言ってすでにこれだけの実績を残されている以上、一目置かないわけにはいかない存在なのだ。

数々の旅本も出版されている。

http://midokutsu.travel.coocan.jp/

 

八十三歳の試行錯誤 1998年開設

1998年開設で現在(2019年)なお更新が続けられている、驚異的な長寿サイト

サイト運営者の今林茂さんは昭和11年生まれの83歳の男性。

「旅紀行が中心」のこのサイトの面白い所は、HP容量超過により記事を大幅にカットした時に、その記事を集めて作った本を無償(送料のみ負担が必要)で贈呈しているところ。

これだけの長寿サイトなのにPVが18031って少なすぎる(一巡したのだろうか?)

PVが少ない理由の一つは、一歳づつ年齢が増えるとその都度サイト名を書き直しているためだろう(10年前は「七十三歳の試行錯誤」)

http://www.venus.dti.ne.jp/~shigerui/

 

Los Angeles 留学日記 1998年開設

放送作家の鈴木 裕史さんが、本業を一時休業して1998年5月から2001年3月までロサンゼルスに大学留学していた時の模様が記されたサイト。

留学時の様子だけではなく、学校が休み中の旅の模様を記したコンテンツや、留学終了後に日本で放送作家の仕事に戻られてからのコンテンツも含まれていて内容は豊富。

放送作家だけあって、文章が非常に上手で読んでいて飽きない

今とは微妙に違う2000年前後のカリフォルニアのビビッドな空気を感じることが出来る。

時代が速すぎたが、これらの内容を今ユーチューブで紹介していたら、きっと結構な人気ユーチューバーになっていたにちがいない。

http://www.suzukinet.com/index-la.shtml

 

絶望の世界 1990年代末開設

1990年代の末ごろに公開されたネット小説の先駆け的サイト。

日記形式で綴られていて、学校でいじめられていた主人公が、いじめっ子を殺してみたり、ストーリーが様々に展開していく。

途中で日記よりから小説よりに形式が変わっていきながら、「本物の日記」だと思って読んでいた読者が、創作だと途中で気が付いていながら、その世界にハマり読み止めることが出来なくなるほどに緻密に計算されて書かれてる。

オリジナルのサイトは閉鎖されるも、有志によってミラーサイトが運営され、今なおロングテールな人気サイトとしてコンスタントにPV数を獲得している。

http://aaaaaa.ojiji.net/

 

世界史講義録 1999年開設

高校の先生が歴史授業で講義したものを文章化したもの。

講義第一回は1999年から始まっていて、135回目の最終講義は2011年。

その後イレギュラーで現在まで記事はアップデートされている。

http://timeway.vivian.jp/index.html

 

古代世界の午後 2000年開設

古代ローマ、漢代の中国、ビザンツなどを中心に、アカデミックなレベルで深く掘り下げ紹介しているサイト。

http://zae06141.client.jp/

 

cafe mexico 2000年開設

ラテンの国に住んでいた若者数人が1999年に集まり、コララテというサイト運営グループを結成。

2000年からこのカフェ・メキシコをスタートさせた。

メキシコに関する情報が広範囲で紹介されている。

最終更新は2011年。

http://www.cafe-mexico.com/

 

ヨーロッパ三昧 2000年開設

2000年開設のヨーロッパを中心とした旅行記サイト。

http://www.europe-z.com/

 

無限空間 2001年開設

岡沢秋さんという方が、2001年から開設されている「無限空間」

内容はエジプト(古代エジプト文明)にまつわるものが多く、これだけ詳しいということは大学の研究者か?

2008年から新たにスタートしたブログを含め、エジプト関連だけで1000記事以上がアップされているのは驚異的

http://www.moonover.jp/index.htm

 

JYURI / WEB 2001年開設

2001年開設、最終投稿2017年の長寿サイト。

サイトの内容は、前半がアザラシ / アルパカ / イルカ / 犬などのゲテモノB級グルメ品評、後半はマジメな自然科学考察コンテンツ。

このギャップのある二つのカテゴリーの組み合わせが独自!

リンクが張られているJYURIさん自身のとりあえず Blogも2004年から現在(2019年)まで続いている驚異的なロングライフブログ。

 

オカリーナの小道 2001年開設

オカリーナの演奏音源から、演奏の仕方、購入ガイドなど、オカリーナに関するあらゆる情報が網羅されているサイト。

サイト開設は2001年からで、現在でもたまに更新されている敬意を払うべき長寿サイト。

オカリーナと言うテーマといい、このサイトの作りといい、演奏といい、ゆっくりとした時間を感じる癒されるサイト。

http://www.ne.jp/asahi/suimin/japan/

 

奇食の館 2003年開設

納豆ジュース、カレーソフトクリーム、ワニ肉寿司ほか、奇食な実食体験を報告しているサイト。

この本館と別館を合わせて奇食ルポがこれでもかとてんこ盛りに盛られ、知る人ぞ知る奇食界のパイオニア-的な存在。

体当たり的、実食の様子が生々しく、表現スタイルもおもしろい。

サイト運営者のリムさんは、現在インドで生活をされていてその模様がツイッターで公開されている。

これを読むだけでもインド以外の国では浮いてしまうに違いない、人間的に濃いキャラな人物だとわかる。

http://ww2.tiki.ne.jp/~morim/menu.htm

 

おりがみ広場 2003年開設

おりがみの作品を中心に展示されているサイト。

2003年開設時の35作品からスタートして現在では500点いじょうになっている。

http://origamist.sakura.ne.jp/

 

賠償千恵子 非公式応援ページ 2004年開設

2004年から開設されている、倍賞千恵子さんの非公式応援ページ。

倍賞千恵子さんというと、映画スター(女優)としての認知度が高いように思われるが、このサイトではむしろ歌手としての倍賞千恵子さんにフォーカス当てているのが面白い。

http://chiekobaisyou.web.fc2.com/

 

旅への扉 2004年開設

http://tabitobi.holy.jp/

 

川崎市、山口県、そして台湾

にしじまさんと言う方が運営されているサイトで、スタイルは懐かしさを感じるネット黎明期デザインですが、実際のサイト開設は2016年からで新しいサイト。

にしじまさんが、過去に住んでいた山口県、川崎市そして旅で頻繁に訪れている台湾の様々な事をにしじまさんの目線でとても詳しく書かれています。

山口県1ページ、川崎市1ページ、台湾1ページそしてトップページを含め全部で4ページのみのサイトですが、それぞれの1ページがとても内容が濃く、長めで、最近ないスタイルなためとても新鮮に感じます。

特に山口県民や川崎市民が読むとかなり楽しめるに違いありません。

http://geb01406.la.coocan.jp/index.html

 

ドストエフスキーの部屋

ドストエフスキーに関することが、「これでもか」と詰められているサイト。

文学女子、男子必見。

http://lsxravine.xsrv.jp/dost/dost.html

 

クレヨンぬりえ集 2006年開設

クレヨン則さんによる2006年から開設されている塗り絵サイト。

リンク先の自身のブログを含め2500点以上の塗り絵が掲載されている。

http://www.creyon-nurie.com/

 

アナログレコードファンサイト 2008年開設

洋楽、邦楽、ジャンルを問わずアナログレコードのコンテンツがこれでもかと詰まったサイト。

紹介されている数千枚のレコードは、ほぼ全てサイト運営者さん所有のものらしい。

リスペクトです。

http://www.analogrecordfan.com/

 

木のメモ帳

「木」というテーマを深く掘り下げているサイト。

ホームページはシンプルであっさりしているが、深い階層までコンテンツが裾野広く詰まっている。

https://kinomemocho.com/

 

南京事件-日中戦争 小さな資料集

南京事件、及び日中戦争についてのホームページ。

http://yu77799.g1.xrea.com/

 

みみ太郎のタクシー日記


内藤さんと言う個人タクシー業を営まれている方のウェブサイト。

サイト名の「みみ太郎」とは21年間共に暮らした猫ちゃん(既に他界)の名前。

思った以上にコンテンツが盛り込まれているなかで、タクシーの「ギョーカイ隠語集」が秀逸。

デザインだけではなく良い意味でこれだけ人間臭が感じられるサイトは今どき貴重。

いつまでもこのまま残り続けてほしいサイトだ。

http://taxi.jp/

 

旅ニケーション

「何処に行きたいか」ではなく「旅先で何がしたいか」というコンセプトを元に旅先を紹介しているサイト。

http://www.tabinication.com/

 

小波盛佳のオフィシャル・ページ

小波盛佳という技術系のかたが運営するサイト。

技術的な難しい内容の合間にちりばめられた人間味あふれるエッセイがとても楽しい。

https://www.mkonami.net/

 

おもしろフラッシュ総合サイト

Youtube、ニコニコ動画が流行を見せるずっと前の2000年前後、動画を牛耳っていたのはFlashだった。

そのFlashの特に笑えるネタを集めたサイトがこの「おもしろフラッシュ総合サイト」

かつて栄華を極めたこのサイトも、2020年フラッシュサポート終了とともに消えてしまうかもしれない。

http://29g.net/

 

るいネット 2001年開設

こちらのサイトのコンテンツの量たるや、驚きの50万記事超え

「類グループ」と言う団体が運営していて、よく知らない私は「宗教団体」かなにかと勘違いしたが、そうではなさそう。

しかし、もしかしたら危ない団体かもしれないので、自己責任で閲覧してね。

http://www.rui.jp/

 

kaiser krone

おそらく当時あったゲームの解説サイトなのでしょう、たぶん。

http://www15.big.or.jp/~kaiser/flame02.html

 

 




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-おもしろ, コラム, ランキング & リスト

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.