集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

医療大麻

「癌の痛みの制御にモルヒネから医療大麻にかえた理由」オリビア・ニュートン・ジョン

人には、過去にどんなに栄華を極めた時代があったとして、もどんなに億万長者になっても、老いと病はだれにも平等に訪れます。

3度のグラミー賞に輝いたスパースター オリビア・ニュートン・ジョン

現在彼女は、3度目の癌とのバトルの中にいることを明らかにしました。

彼女に乳がんが初めて見つかったのは1992年で、その時は彼女は病に打ち勝ちました。

しかし2013年にちょっとした自動車事故がきっかけでうけた診察で右の肩にシコリが見つかりました。

「これは私自身の人生のこと、病のことは自分の中にだけにしまっておくことにしました」

そう、彼女は自分の病気を世間に公表しない道を選びました。

しかし2017年、背中の骨にがんの転移が見つかった事を医師に告げられてから彼女の考えは変わりました。

彼女は過去の病気との戦いを含め全てを公表することに決めたのです。

 

大麻で痛みが消えた

彼女の癌との付き合いはもう27年もの月日がたっていて、癌と戦かっていると言うよりは一種のライフスタイルの一環のような存在になっていて、そんな彼女は最近、治療に医療大麻を取り入れるようになりました。

放射線治療を受けながらTHCCBDを摂取しています。

オリビアは60 Minutes Australiaの番組に出演しこのように話しました。

「医療マリファナを取り入れてから、これまでとは全く違う事がハッキリわかりました」

「もし、数滴の大麻成分を摂らないでいると、直ぐに痛みが戻ってきます、大麻は確実に痛みに効いているのです」

使用している大麻は、彼女の夫ジョン・イースターリングが自宅で栽培したものです。

彼女の住んでいるカリフォルニアは、2016年から医療大麻が合法、嗜好用大麻も2018年1月より完全合法になっています

初めて妻にマリファナを提供する前に、このような心境であったとイースターリングはこう話しています。

「大麻の効果には自信がありました、しかし心の奥底にわずかな不安(彼女に大麻が効くのかどうか)もあったことは確かです」

エンターテイメント界に嗜好ドラッグは当たり前に広がていたにも関わらず、オリビアにはマリファナを吸う習慣は全くありませんでした。

Image : RICHARD SHOTWELL/AP

 

私がいつ死ぬかを決めるのは医者ではありません

ステージ4と宣告された彼女は、「そうは簡単に死んでたまるか」と言う気持ちでずっとやってきて勝ち続けてきました。

「癌との激しい戦いを今まで人に話すことがなかったのは、その苦しみを思い出して話すことにより、人々の心の中にも苦しみを生み出してしまうからです」

また彼女はこう言っています。

「医師が私の余命があとどのくらいなのかを知っていることは分かっていますが、それには全く興味がありません」

「また、また私と同じ病で同じ進行度だった人がどのくらい生きたという統計にも全く興味がありません」

「私の命があとどのくらいかを決めるのは人間でも統計でもありません」

「もし、私たちがその数字を気にし始めると、高い確率でその通りに死んでいくでしょう」

 

モルヒネからマリファナに移行した理由

オリビアは痛み止めに使用していたモルヒネをやめ、マリファナに移行しました。

「マリファナの使用によりQOLが極めて向上しました」

痛み止めに使用していたモルヒネは、陶酔感が強すぎるため、日常的な生活をすることは困難と感じていました。

「私はモルヒネに支配される自分よりも、様々に日常の事をする本来の自分でありたいと思いモルヒネを止めました」

「痛みに関しては全く問題ありません、医療マリファナは安全で十分な痛み止めの効果を発揮してくれています

 

 

自らの癌研究機関を設立

彼女が子供頃に育ったオーストラリアメルボルンに彼女は「オリビア・ニュートン・ジョン癌研究センター」を設立しました。

彼女は、これまでに出演した映画で着ていた衣裳200点以上を2019年11月開催するオークションで売ります。

集まったお金(予想額3000万円超)は、自らの癌研究機関に寄付をします。

また、オーストラリアで医療大麻合法化を推し進める社会活動も熱を入れて行っています。

彼女にはすることがたくさん残っていて、あの世へ行ってる場合ではないそうです。

「私は絶対に癌に負けることはありません!」

 

記事出典
https://www.newshub.co.nz/home/entertainment/2019/08/olivia-newton-john-turns-to-marijuana-to-fight-cancer.html
https://www.stuff.co.nz/entertainment/celebrities/106954887/olivia-newtonjohn-battling-cancer-for-the-third-time?rm=a
https://www.newshub.co.nz/home/entertainment/2019/08/olivia-newton-john-turns-to-marijuana-to-fight-cancer.html
https://www.cbc.ca/radio/asithappens/as-it-happens-thursday-edition-1.5233062/olivia-newton-john-on-her-cancer-diagnosis-cannabis-and-selling-that-iconic-grease-outfit-1.5233066

 




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-医療大麻

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.