集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

おもしろ ランキング & リスト

【各年別】最も売れたクリスマスプレゼント玩具 IN USA〈1929年~現代まで〉

歴代 アメリカで一番売れたクリスマスのおもちゃ

歴代の最も売れたクリスマスプレゼント用おもちゃをご紹介します。

現代から1929年まで一年ずつ、遡ってみることが出来ます

アメリカとはいっても、日本メーカーの商品が絶大な人気でとても興味深いものとなります。

 

 タカラトミーとか、任天堂とか、ソニーとか日本の製品ばかりじゃないですか!

 

2017年 コズモ タカラトミー

1000パターンのしぐさや声・動き、そして感情表情が可能な小型AIロボット。

iOSやAndroidデバイスでコントロール可能。

当時の価格 : 179.9ドル
現在の価格 : 22,800円

 

 

2016年: NESクラシック 任天堂

任天堂のファミコンのアメリカ版NES(ニンテンドーエンターテインメントシステム)は、1980年代にアメリカで大ヒットしました。

これはそのミニサイズの復刻版。

スーパーマリオブラザース3やゼルダの伝説のほか当時の30のゲームが収録されています。

アメリカ人にとってもなつかしさちょちょぎれるゲーム機で、子供へのプレゼントでもあり、大人が自分で遊ぶために選ばれました。

当時の価格 : 59.9ドル
現在の価格 : 9,180円

 

2015年 BB-8  スフィロ社

スター・ウォーズ エピソード7(スター・ウォーズ/フォースの覚醒)に登場するドロイドBB-8。

このロボットの動きはユニーク、胴体だけがコロコロ転がっていき頭の部分はそのまま。

まるで雪だるまの体がコロコロ転がっていくようです。

コントロールはスマホの専用アプリから行います。

当時の価格 : 149.9ドル
現在の価格 : 10,100円

 

2014年:ディズニーエルサ人形

 

ディズニー映画「アナと雪の女王」のキャラクターエルサ。

やはり子供に人気の映画キャラは強いです。

当時の価格 : 69.89ドル
現在の価格 : 6712円

 

2013年:ビッグハグスエルモ Playskool

セサミストリートの人気キャラクター「エルモ」

このエルモ人形は、ハグするとハグし返して話をはじめたり、状況に応じて様々なアクションと言葉を話します。

単四電池4つ使用。

当時の価格 : 59.9ドル
現在の価格 : 3,704円

 

2012年:Wii U 任天堂

Wii Uは、本体とつながれたTVと、画面がついた手元のコントローラーを組み合わせて楽む家庭用ゲーム機。

Wiiを後継するゲーム機で「スーパーなWii」というキャッチフレーズがつかわれました。

個人で楽しんだり、インターネットにつないで世界の誰かと対戦することもできます。

当時の価格 : 299.9ドル
現在の価格 : 17,800円

 

2011年:レッツロックエルモ ハスブロ

セサミストリートの人気キャラクター「エルモ」(2回目)

このレッツロックエルモは、太鼓、タンバリン、マイクに反応し、それぞれを持たせると、自分で演奏しながら歌い始めます。

18ヶ月から4歳までの子供向け。

当時の価格 : 78ドル
現在の価格 : 32,076円

 

2010年:iPad アップル

2010年1月に発表された第一世代のアイパッド。

モバイルの革命的なヒット商品でした。

当時の価格 : 499.9ドル
現在の価格 : 55,100円(2018モデル)

 

2009年:Nook eReader バーンズ・アンド・ノーブル社

アメリカ書店チェーン最大手のバーンズ・アンド・ノーブル社から出された、電子書籍端末。

100万を超える書籍が読める(有料、無料両方で)ということでヒットしました。

しかし、キンドルとの競争に負け2013年に生産中止、撤退しています。

当時の価格 : 199ドル

2008年:エルモ・ライブ フィッシャープライス

セサミストリートの人気キャラクター「エルモ」(3回目)

とりあえず「エルモ」でなんか作っときゃ売れちゃうんだよね!

当時の価格 : 60ドル

 

2007年:iPod Touch アップル

同じ年にiPhoneの初代が発売されていますが、子供用(クリスマス)にはこちらのiPodが売れたのですね。

iPodiPhoneの違いは、iPhoneから電話機能だけを除いたものがiPodです。

当時の価格 : 299.9ドル
現在の価格 : 23,880円

 

2006年:プレイステーション3 ソニー

アメリカでも売れに売れたPS3。

生産が間に合わず、人々は入手に苦労したそう。

そのエピソードがこちら⇩

PS3の購入に関してのある逸話

アメリカのウォルマートでPS3を販売していた時に、列に並んでいた一人の男性が商品の数が自分にまで足らないことを察知。

それで彼はどうしたかと言うと、列の自分の前に並んでいた人々全員に暖かいコーヒーをふるまった。

しかしそのコーヒーには下剤が入っていた。

男はまんまと一台ゲットすることが出来た。

当時の価格 : 399.9ドル
現在の価格 : 54,972円

 

2005年:Xbox 360 マイクロソフト

Xboxの次世代機Xbox 360。

Xboxでの、DVDに傷がつく、爆熱が発生するなどの問題が解消されるも、本体はバカでかいまま。

eBay(インターネットショップ)で4万台が1週間で売れました。

当時の価格 : 299.9ドル
現在の価格 : 135,000円

 

2004年:ロボサピエンス WowWee

専用コントローラーで操作し、67の事前にプログラミングされた動作をすることが出来るもの。

2004年にすでにこれだけの動きをするロボットが出ていたとは、いまさらですがすごい。

当時の価格 : 99.9ドル

2002-2003年:ベイブレード タカラトミー

ベイブレードは、1999年に日本のタカラがベーゴマの現代版として発売したのもです。

日本では2001年から2002年に小学生の間で流行しましたが、アメリカでは一年遅れてヒットしました。

その後は、日本アメリカだけではなく世界中でヒットしました。

当時の価格 : 7.9ドル
現在の価格 : 5,980円




2001年:ブラッツ MGAエンターテインメント

 

2001年大ヒットした「ブラッツ」

それまで「バービー」一色だったこの世界を完全に塗り替えてしまいました。

エレガントで上品なバービーとは正反対の「ブラッツ」、派手でファンキーなコンセプトが今どきの子供たちに支持されました。

当時の価格 : 20ドル
現在の価格 : 6,158円

 

2000年:レイザースクーター Razor USA

日本ではキックボードとかキックスケーターと呼ばれています。

軽く蹴るだけでスピードが出るこのキックスケーター、子供の遊具に収まらず、大人が通勤に使うシーンにも見られるようになりました。

二輪、三輪、エンジン付きエンジン無し、とても様々なバリエーションがあります。

当時の価格 : 99ドル
現在の価格 : 12,096円

 

1999年:ポケモンカード 任天堂

ポケモンカードは、正式にはポケットモンスターカードゲームというTCG(トレーディング・カード・ゲーム)です。

ポケモンは、ゲームから始まりこのカード・ゲームそしてアニメへと展開していきました。

ポケモンは世界中の子供から愛されゲームもアニメも大ヒットしました。

現在の価格 : 1,587,600円

 

1998年:ファービー タイガーエレクトロニクス

耳、まぶた、口、体が動き、最大で800の言葉を話すファービー。

歌ったり踊ったりすることもできます。

日本ではトミーから1999年5月29日より発売。

当時の国内の実売価格は3,000円程度でしたが、2016年の最新モデルは日本のアマゾンで約2万円で売られていました。

当時の価格 : 35ドル
現在の価格 : 9,720円

1997年:たまごっち バンダイ

アメリカでは日本に一年遅れて大ヒットした「たまごっち」。

たまごっちは市場投入以来、世界中で8200万台以上が売れています。

2017年には、米国版誕生20周年記念たまごっちが販売されました。

当時の価格 : 17.99ドル
現在の価格 : 3,980円

 

1996年:くすぐりエルモ タイコ

エルモをくすぐると笑いこける人形で、アメリカで大ヒットしました。

10年後の2006年には、くすぐりエルモ10と言うのが発売されました。

これはオリジナルのただ笑い声を発するというだけでなく体をくねらせたり、手で床をたたいたり、足をバタバタさせたり、そのほか様々なアクションをしながら大げさに笑います。

当時の価格 : 28.99ドル
現在の価格 : 2980円

 

1995年:ビーニーベイビーズ タイ インク

 

1986年に設立されたタイインク社のヒット商品で、「ぬいぐるみはファッション」というポリシーとともに、手触り大きさバランスを重視したコンセプトで作られたぬいぐるみです。

値段設定がリーズナブルであったこともヒットした一因です。

様々な、動物の様々なバリエーションが登場し、レアなものは高プレミアムがつきました。

上の写真のぬいぐるみは「ダイアナプリンセスモデル」で約600万円で取引されています。

当時の価格 : 5ドル
現在の価格 : 2,750円

 

1993-1994年:マイティ・モーフィン・パワーレンジャーズ バンダイ

日本の『スーパー戦隊シリーズ』の英語圏輸出版がこの「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」

日本の『スーパー戦隊シリーズ』は1975年の「秘密戦隊ゴレンジャー」から始まって長い歴史がありますが、アメリカでは1993年についに大ヒットしました。

以後レンジャーシリーズは、アメリカのみならず世界中の子供たちからの人気は2018年になっても途切れない状態です。

当時の価格 : 13.5ドル
現在の価格 : 3,240円

1992年:バーニー・トーキング・ドール Playskool

 

1992年にアメリカで人気を博した番組バーニー&フレンズ

バーニーは、その主人公のティラノサウルスです。

バーニーが子供たちに生きていくうえで大切なことを教えるというコンセプトで制作された番組でしたが、

「子供には助けにならない教育である」と大人たちからは大不評。

「50の最低番組ランキング」の50位に選ばれてしまいました。

このバーニー人形は、話して歌う人形として(動きは全くなし)当時はまだ珍しく大ヒットしました。

現在の価格 : 7,020円




1991年:POG 世界POG連盟

アメリカ版のメンコと呼ばれるこのPOG。

元々はハワイの子供たちがPOGというジュース(パッションフルーツ、オレンジ、グアバのミックスジュース)の紙のふたを使って遊びだしたものです。

遊び方は非常にシンプル。

POGを裏にしてタワーに積み上げたPOGに、衝撃を与え、表にひっくり返ったものをプレーヤーが勝ち取り、最終的に何枚ゲットしたかを競うものです。

ハワイではギャンブル性があるとして学校でのPOG遊びが禁止されました。

POGコレクターの間では、レアーなPOGが高価格で取引されています。

当時の価格 : 25セント~1.25ドル

 

1990年:ミュータントニンジャタートルズ バンダイ

1984年にアメリカの漫画からスタートしたミュータントタートルズ。

その後、人気に火が付くとともにテレビアニメ、ゲーム、実写映画と展開していき,

1990年には、ミュータントタートルズ関連のフィギュア、ゲームがヒットしました。

 

1989年:ゲームボーイ 任天堂

携帯ができてどこでも遊べ、ソフトの数も豊富という当時としては画期的なゲーム機でした。

専用ゲームソフトは、モノクロ、カラーあわせて1000種以上が発表されました。

ロシアの宇宙飛行士アレクサンドル・セレブロフは、宇宙でこのゲームボーイで「テトリス」をして暇つぶしをしたことで話題になりました。

当時の価格 : 109ドル
現在の価格 : 78,000円

 

1985年:ケアベア アメリカン・グリーティング ケナー

 

元々ケアベア(英語ではケアーベアーズ)は、グリーティングカードに描かれていた絵が始まりでした。

その絵に人気が出てぬいぐるみ化をすると友に、「ケア・ア・ロットという雲の上の国に住んでいて、子供たちが困っているときにケアしにやってくる熊」というコンセプトを付け加えました。

人形のバリエーションも増やし、アニメ、ゲームと展開し現在でも日本を含む世界中で根強い人気を保っています。

現在の価格 : 3500円

 

1984年:トランスフォーマー ハズブロ

自動車、トラック、飛行機などがロボットに変体する画期的なアイデアで大ヒットしたトランスフォーマー。

しかし、元をたどればそのアイデアは1982年に日本で販売されたカーロボットダイアクロンに行き着きます。

映画化もされて一作目は成功を収めたのですが、2作目の「リベンジ」は駄作といわれ、最低の映画に賞を与える第30回ゴールデンラズベリー賞最低作品賞最低監督賞最低脚本賞を受賞しています。

現在の価格 : 5,980円

 

1983年:キャベツ畑人形 コレコ

肌や目の色、顔や髪型、服装などで6000種類以上があり、ひとつとして同じものはないと言われています。

名前と誕生日が記載された出生証明書が付いてきて、1年後にはバースデーカードが届く人形として話題になり人気が出ました。

日本では「顔が怖い」と思ったほど人気がでず、逆にこの人形にまつわる様々な都市伝説が出回りました。

「人形から心臓の音が聞こえるときがある」とか「パパ、ママ」と話すときがあるなど。

現在の価格 : 5,400円

 

1982年:BMXバイク

 

BMX(バイシクルモトクロス)は、1982年に人気のピークを迎えました。

この年の映画『E.T』で主人公の少年が載っていたBMXがストーリの中で際立っていたことや、1983年にはニコール・キッドマン主演の『BMXアドベンチャー』と言う映画で人々が注目したことなどが引き金になりました。

現在の価格 : 386,640円

 

1981年:スマーフ シュライヒ

 

スマーフは、1958年にベルギーの漫画家により生み出されたものです。

すでに誕生から長い月日が立っていましたが、それが1980年ごろになって突如アメリカで大ブレイクしました。

映画の撮影に使われたスペインの村は、すべての建築物を青色に塗り替えたところ、スマーフ村として有名になり観光客がひっきりなしに訪れるようになり、その経済効果で村が潤いました。

映画会社が、撮影終了後元の色に戻そうとすると住民たちは「戻さなくてよい」と決定しました。

現在の価格 : 7,500円

 

1980年:ルービックキューブ

世界で史上一番売れた玩具としてギネスブックに認定されているルービックキューブ。

考案されたのが1974年、日本では1980年から販売が開始し大ヒットしました。

そのご、様々なバリエーションのものが出現したり、大会の協議種類も増えました。

最近ではルービックキューブ3個をジャグリングしながら同時に色をそろえる大会が注目を浴びています。

当時の価格 : 14.9ドル
現在の価格 : 1,382円

 

1978年:ハングリー・ハングリー・ヒッポゲーム ミルトン・ブラッドリー

 

レバーを操作するとカバが玉を食べるゲームで、何個獲得できたかを競います。

現在の価格 : 5,811円

 

1977年:スライム マテル社

えたいの知れないヌルヌルした物体。

このような奇妙なものが世界的にヒットするとは、いったい誰が想像したでしょう。

アメリカで1000万個、日本では50万個売れました。

間違いなく、初めにつくった考案者がいちばん驚いています。

現在の価格 : 544円

 

1975年:ペットロック ロックボトムプロダクション

本当に奇妙なこのペットロック。

この箱を開けるとそこに入っているのは石です。

大きめの石が一つ。

その石をペットに見立てて、この箱を飼育ボックスとして育てます。

箱の底に砂を強いてあげ、藁で布団を作ってあげ。

時々話しかけながら餌をあげてあげてください。

本物の生き物だと、病気になったり、死んでしまったり、動物臭があったり様々な問題がありますが、この石ペットなら一切あなたを煩わせません。

当時の価格 : 4ドル
現在の価格 : 9.95ドル

 

1959年最も売れたクリスマスのおもちゃ:バービー マテル社

 

アメリカで最も売れた着せ替え人形バービー。

当初のバービーは、日本で生産されていました。

当時、人件費の安い国としてアメリカの下請け国だった日本。

すでに似たような着せ替え人形がアメリカでは2ドルで売られていましたが、この日本製バービーは3ドルでもバカ売れしました。

日本製のほうが作りが良かったため消費者はこちらを選んだのです。

人件費の高騰とともに、1970年代からはインドネシア、1980年代末からは中国に生産が移りました。

当時の価格 : 3ドル
現在の価格 : 394,326円

 

1952年一番売れたクリスマスのおもちゃ:Mr.ポテトヘッド ハズブロ

 

元々は、朝食シリアルのおまけについていたこのMr.ポテトヘッド。

家にあるジャガイモに、おまけで付いてくる目、鼻、耳、メガネなどを刺してつけて顔に仕上げるものでした。

それがあまりにも人気が高まり、1952年から商品化されて大ヒット。

初年度だけで5億円を売り上げました。

この時に作られた宣伝が世界で初めての玩具の宣伝と言われています。

2010年の映画「トイ・ストーリー3」にも登場しています。

現在の価格 : 39,960円

 

1943年一番売れたクリスマスのおもちゃ:スリンキー ポーポン・スリンキー

ユニークな動きで子供のみならず、大人にまで人気を広めたスリンキー。

リチャード・ジェイムスという、海軍の船舶エンジニア-がたまたま長いスプリングを床に落としてしまったところ、非常に面白い動きを見せたためにこの商品を思いつきました。

1946年のニュー・トイ・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、プラスチック製のものや、レインボーカラーのものなどが発売されました。

現在の価格 : 109円

 

1936年一番売れたクリスマス玩具:モノポリー パーカーブラザーズ

1935年に販売が開始されるや否や大ヒットし、いまだにロングテールで売れているモノポリー。

モノポリーは独占するという意味です。

遊び方は、盤上の不動産を買い、そこにホテルや家を建て、それをレンタルし徐々に資産を増やしていき、最終的に他のプレーヤーを破産させ全てを独占したものが勝者となるゲームです。

世界各国でヒットし、それぞれの国にあったアレンジがされました。

2015年には、80周年記念のモノポリーが発売されましたが、その時にゲームで使用されるおもちゃのお札の代わりに本物のユーロ札(日本円で約280万円分)が入ったものが販売されました。

当時の価格 : 2ドル
現在の価格 : 8480円

 

1930年最も売れたクリスマスプレゼント:ミッキーとミニーマウスハンカチ

 

ミッキーマウスのスクリーンデビューは、1928年。

1930年にもなると、人気は急激上昇途中にありました。

とはいっても、現在のようにフィギュアやゲームがすぐに出回るような環境でもなく、ハンカチーフというクリスマスプレゼントは極めてシンプルなものでした。

 

1929年:ダンカンヨーヨー ダンカン 最も売れたクリスマスプレゼント玩具

ヨーヨーを初めて世界でヒットさせたダンカンヨーヨー。

ダンカン社は1929年創業の玩具の老舗メーカーですが、その主力製品のヨーヨーは約90年にわたり売れ続けてきました。

現在でもヨーヨーのトップメーカーとしての地位を保っています。

 

当時の価格 : 15セント~1ドル
現在の価格 : 5940円

 




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-おもしろ, ランキング & リスト

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.