集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

おもしろ ランキング & リスト

【気を付けて‼】自動販売機,アリ,ベッド…これらにより毎年人が死んでいます

アンビリーバブルな理由による年間死者数ランキング19

一年間にサメに襲われて死んでいる人と、アリに襲われて死んでいる人どっちが多い?

一年間に落雷に遭って死んでいる人と、竜巻に遭って死んでいる人どっちが多い?

様々な侮れない原因で毎年確実に死者が出ているのですが、それをランキングにしたものがこちらです。

少ないものから多い順に並んでいます。

皆さんも、これらのものには十分にお気を付けください。

 

サメによる犠牲者

サメによる死者

毎年約5

サメに襲われて死亡する人は、毎年約5人。

意外に少なく感じたのは私だけでしょうか?

映画の見過ぎにより、人々は恐怖を持ちすぎてますね。

ただ、命は助かったけど負傷した人は毎年100~120人に昇るようです。
 
 

ジェットコースター

ジェットコースターによる犠牲者

毎年約

ジェットコースターで毎年確実に数人の方が亡くなっている。

ジェットコースターにのる直前には聞きたくない事実です。
 
 

自動販売機

自動販売機による犠牲者

毎年約13

自販機に殺されるってどういうこと?

例えば、自販機にお金を入れてボタンを押しても出てこない。

怒って販売機を揺すっていたところ倒れて来てしたじきになって逝ってしまった。

こうなるのは泥酔者が多いみたいですねー!
 
 

アメリカンフットボール

アメフトによる犠牲者

毎年約20

アメリカでは子供から大人まで幅広く趣味のアメフトプレーヤーが多く、その過激なスポーツ故、深刻なダメージを得る人が絶えません。

アメフトで亡くなる人のほとんどは、頭部あるいは頸部の激しい打撲によるもので、特に頸椎の骨折が多いです。
 
 

アリ

アリによる犠牲者

毎年約30

サメよりもアリの被害で死ぬ人の方が何倍も多いというのは意外ですよね!

アフリカやアマゾンを含め、世界には毒を持った人を噛むアリが存在します。

アメリカには人を殺すまでの毒アリは、かつてはいなかったのですが、ここ数年外国から来た毒アリが増殖していて、その被害により亡くなる人が増加しています。

 
 

犬による犠牲者

毎年約30

犬が自分の飼い主を守るため、接近してきた人間を噛むということもあるらしいのですが

実は意外と多いのが自分の飼い主を噛み殺してしまったという事件。

アメリカでは、自分の飼っていた犬に殺される事件が時々起きていますが、特に多い犬種がピットブル

ピットブルは、最も攻撃性の強い危険な犬とされていて国によっては買うことが禁止されています。
 
 

クラゲ

クラゲによる犠牲者

毎年約40

特にクラゲによる犠牲者の多い地域はアメリカ西海岸とオーストラリア。

危険で有名なのは「キロネックス」という種類で、人が刺された場合、最短1分で死ぬことがあります。
 
 

竜巻

竜巻による犠牲者

毎年約60

竜巻の最も被害が出やすい地域がアメリカの南部から中西部にかけてです。

一度の竜巻で数百人が亡くなっている規模のものが過去に何度も記録されています。

竜巻を追いかけ、カメラに収めるのを仕事や趣味にしている「ストームチェイサー」と呼ばれる人々がいますが、テレビで有名だったある「ストームチェイサー」とその仲間3人が、竜巻に巻き込まれ死亡する事故が起きています。
 
 

ホットドッグ

ホットドッグによる犠牲者

毎年約70

幼児がホットドッグを食べているときに誤ってのどを詰まらせ窒息する死亡事故が毎年かなり起きています。

こんなものが子供を殺す凶器になってしまうなんてとても「残念」ですね。
 
 

氷柱(ツララ)

ツララによる犠牲者

毎年約100

冬の長い地域、特にカナダやヨーロッパ北部では、落下してきた氷のツララにあたって負傷したり死傷する事故が絶えません。
 
 

鹿

鹿による犠牲者

毎年約130

鹿による死者数も見逃すわけにはいきません。

決して鹿が人間を襲うわけではありません。

鹿が多く生息している地域で、走行中の車が鹿をよけきれずに起こる事故によるものです。
 
 

バスタブ

バスタブによる犠牲者

毎年約340

バスタブによる死亡者で最も多いのは高齢者が入浴中に意識をうしない溺死してしまうもの、また幼児が溺れてしまうのも少なくありません。

メモ

ここ言うバスタブとは文字通り西洋バスタブのことで、日本式湯船は含まれていません。
日本の湯船も含めた場合、日本だけで年間約5000人が湯船の中で溺死しています。

 
 

ベッド

ベッドによる犠牲者

毎年約450

ベッからの落下による死者は、嘘のようなホントの話で年間約450人もいます。

気を付けようにも寝ているので気を付けようがありませんが、「気を付けてください(笑)」
 
 

ブラックフライデー

ブラックフライデーによる犠牲者

毎年約550

ブラックフライデーとは、アメリカで毎年11月の第四木曜日に行われる大規模な小売店安売りセール。

ここぞとばかりに人が押し寄せるのですが、あまりに激しく込み合うために毎年必ず負傷者、死傷者がでます。
 
 

火山噴火による年間死亡者数

火山噴火による犠牲者

毎年約850
 
 

飛行機による年間死亡者数

飛行機による犠牲者

毎年約1200

年間約1200人と言うと多いような気がしますが、一年間の航空機利用者数37億人(2016年)です。

ですので0.00000032%の確率で死亡事故に遭うことになります。

これは毎日一回飛行機に乗る人が、約1万年に一度飛行機事故にあって亡くなることを意味します。

最近では大型旅客機よりも、小型機の事故死が上回っています。
 
 

カバによる年間死亡者数

カバによる犠牲者

毎年約2900

あのおっとりしているルックスにそぐわず、カバは群を抜いて狂暴な動物と言われています。

アフリカでは年間約3000人近くが犠牲になっています。

皆さんも野生のカバには十分に気を付けてください(W)。
 
 

スマホによる年間死亡者数

スマホによる犠牲者

毎年約6000

スマホに夢中になって事故に遭うケースが急上昇トレンド死因です。

こんなトレンドには乗りたくないですね。

やはり多いのは運転中の閲覧。

急にSNSのメッセージが入ってくると危険とは分かっていながらついつい覗いてしまうものです。

「私に限ってありえないわー!」というあなたが最も危険です。
 
 

落雷による年間死亡者数

雷による犠牲者

毎年約1万

落雷による死者数1万人というのは、驚異的な数字ですねー!

死に至らなかったものの負傷した人は毎年10万人以上いると言われています。

落雷の被害では、よくゴルフプレー中が危険と言われていますが、実はゴルフプレー中よりもはるかに死者が多く出ているのが釣り人です。

沖合では、釣り人の周りに高いものが何も無いので落ちやすいのです。

皆さん十分に気を付けてください。

画像出典 : http://www.lolwot.com/20-things-that-kill-the-most-people-per-year/

 




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-おもしろ, ランキング & リスト

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.