集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

セレブ 大麻

マリファナ愛好家であることを公言しているセレブ50人「アイ・ラブ・マリファナ」

マリファナを愛好していると公言している50人の海外有名人

近、先進国の多くの国では、マリファナの有効性が認められ合法化され、人々は後ろ指さされずに公衆の面前で吸えるようになってきています。

が以前には、アメリカでさえ大麻を吸う者は悪人扱いされ、吸飲者は批難中傷を浴びていました。

そんな時代にすでに公の前で「私はマリファナ吸っています」と公言していたセレブがいます。

彼らの多くは、マリファナ合法化活動に貢献しようなんて気持ちはなく、ただ、自分で吸ってみたら「悪いものではないじゃない!」ってなったので、吸ってないなんて空々しい嘘をつくのもバカげていると感じたようです。
 
 

日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。
このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。

 
 

ジャスティン・ビーバー

justin
2014年、フロリダ州でDUI(薬物の影響下での運転)でつかまった時に、マリファナ、アルコールの摂取を認めたジャスティン。

近い友人によると、ジャスティンはマリファナ購入に週84万円も使っているとのこと。

ジャスティンの祖国カナダはドラッグに寛容な国で、元々マリファナの取り締まりは甘いうえ、近い将来マリファナ解禁確実国と言われている。※2018年10月、カナダでマリファナは合法化された

そんなバックグランドの彼にとってマリファナは特に特別なものではないのであろう。

 

 

オリバー・ストーン

『プラトーン』『7月4日に生まれて』などでアカデミー監督賞を受賞している巨匠オリバー・ストーン。

ベトナム戦争時には「自身を人間として保つため」に戦地でマリファナを吸っていたのだそう。

ちなみに彼は、ベトナムで何度もヘリコプター奇襲作戦に参加し、大きな成果をあげた(つまり敵を大量に殺傷した)ためブロンズ勲章を受けている。

オリバー・ストーンを含む「人を殺害したことのあるセレブ45人」の記事もよろしければご覧ください。

 

 

ジャスティン・ティンバーレイク

iloveweed12

ジャスティン・ティンバーレイクは、2011年のプレイボーイ紙に、「マリファナを吸うと考え過ぎの頭をストップさせることが出来るんだ」とはっきりと語っている。

しかし、あまりにも吸いすぎて吸うのを控えていた時期もあったそう。

 

 

ウーピー・ゴールドバーグ

iloveweed23

1991年、オスカーで助演女優賞を獲得したウーピー・ゴールドバーグ。

受賞ステージに上がる前、あまりにも緊張していたために、落ち着こうとマリファナを吸った彼女。

ラリッタ状態で思うように舌が回らなかったらしく。

後になって「大勢の前でスピーチをするときには、マリファナを吸ってはダメね(笑)」と話したそう。

彼女は2016年、自身の医療用マリファナブランドを立ち上げている。

 

 

バラク・オバマ

高校時代にはすでに「マリファナ、タバコ、コカインを経験していた」と自身のバイオグラフィーで告白しているバラクオバマ氏。

大統領時代には「マリファナはアルコールほど危険ではない」とも発言している。

 

 

リアーナ

iloveweed28

リアーナは、マリファナを心底愛しているキャラクターでも有名。

ジョイントを手にして写っている写真は、手にしていない写真よりも多いと言われている。

 

 

ジミー・カーター

jm 425
元アメリカ大統領のジミーカーター氏はマリファナ推進派で有名。

自身の病(癌)もマリファナと化学療法の併用で克服したと言われている。

「マリファナはオーケーだよ。すべての国で合法すべきだ!」

ジミー・カーター氏を含む、マリファナで病気を克服した人々の記事はこちらです。


 

 

メリッサ・エザーリッジ(ロックシンガー)

メリッサ・エスリッジもやはり自らの乳がんを、化学療法とマリファナの併用で克服したことで有名。

「副作用の強い薬を何錠も飲むのをやめて、マリファナにスウィッチしたの。すぐに吐き気が収まり食欲が出てきて体重を元に戻すことができたわ」

メリッサ・エスリッジのがん克服についてはこちらの「カンナビス・スタディハウス」様の記事が大変に参考になります。
http://asayake.jp/cannabis-studyhouse/20_medical_cannabis/34_melissa_etheridge/melissa_etheridge.html

 

 

マイリー・サイラス

iloveweed30

2013年アムステルダムで開催された『MTVミュージックアワード』でのこと、表彰を受けるためステージ上に現れたマイリーサイラスの手にはなんとマリファナのジョイントが。

しかも、その場で火をつけて吸い出してしまった。

「マリファナこそ世界で一番の薬」と彼女はいつも公言している。

 

 

ポール・マッカートニー


1980年1月16日、日本に来日した時に成田空港で大麻所持が見つかってしまい、ポールが逮捕されてしまった事件は有名。

事件後、一瞬で世界に拡散し「世界中の人が驚いてしまった」のは、ポールが大麻を所持していたことではない(そんなことは誰も驚かない)。

世界の人々が驚いたのは、日本の警察があのポールマッカートニーを逮捕してしまったことだ。

60年代にボブディランに勧められて初めてマリファナを吸引してから、その素晴らしさに気づきマリファナを愛用し続けてきたポール・マッカートニー。

なんと69歳の時に「もう大麻は吸わない」と公言してやめている。

理由は、この時8歳の娘ベアトリスちゃんの子育てに責任感が芽生えたから。

ざっと計算すると40年以上マリファナを吸ってきたことになる。

ポールと一番長く時間を過ごした2番目の妻のヘザー・ミルズさんは、「ポールはお茶代わりにいつもマリファナを吸っていた」と証言している。

40年以上、毎日のようにマリファナを吸い続けてきた人間が、ちゃんと健康で事業も立派にこなしてきたところを見ると「マリファナってそんなに悪いものではなさそう?」という感じがしてきた。

 

 

ジェニファー・アニストン

iloveweed32

マリファナの嗜好を続けてきたと公言しているジェニファー・アニストン。

ローリングストーン誌には「マリファナを吸い続けてきた事によって体に悪い影響はなにもなかったわね!」と話している。

 

 

ルイス・トムリンソン

iloveweed19

ワンダイレクションのメンバーであるルイス・トムリンソンは、ツアー先の南米ペルーにいるときに、

移動中の車内でマリファナを吸っている動画がネット上に公開され世界のメディアに激震をあたえた。

 

 

キルスティン・ダンスト

iloveweed31

彼女は「みんながマリファナを吸うようになれば、世界は今よりずっと住みやすくなるはず」と信じているという。

 

スティーブン・キング

yakusukidatta-creator_29

ヒューゴー賞、オー・ヘンリー賞、ブラム・ストーカー賞、世界幻想文学大賞など、無数の文学賞を受賞しているスティーブン・キング。

スティーブン・キングは、仕事(執筆)の時にマリファナだけではなく、その他のドラッグも併用したことがあることを告白している。

スティーブンを含む「エジソン、フロイト、チャイコフスキー、実はドラッグ愛好者だった27人の聡明な人物たち」の記事もお勧めです。

 

 

パリス・ヒルトン

iloveweed34

南アフリカやフランスでマリファナ所持の為に警察に拘束されたことのあるパリス。

2010年には、コカイン所持でラスベガス警察に捕まっている。

そんなパリス様は、入国拒否者リストにあがっているため日本に入国はできない。

 

 

ウィーリー・ネルソン

iloveweed2

マリファナで何度も捕まっているウィーリー・ネルソンだが、反省するどころか依然にまして吸いまくっているそう。

しかも自身のマリファナ会社をコロラドで設立した。

 

 

キャメロン・ディアス

iloveweed4

「ハイスクール代時からマリファナを吸っていた」と話しているキャメロン・ディアス。

当時はマリファナをスヌープ・ドッグから購入していたのだとか。

 

 

ドリュー・バリモア

iloveweed5

ドリュー・バリモアとキャメロンディアスは大の仲良し。

ハワイのビーチで一緒に楽しそうにマリファナを吸っているところをパパラッチされている。

 

 

ロバート・ダウニージュニア


ロバート・ダウニージュニアは、父親に勧められて8歳の時からマリファナを吸い始めた。

 

 

クリスティン・スティワート

iloveweed6

「マリファナを吸っている事を人になんて思われようがゼンゼンわたし気にしないの!」と彼女はヴァニティーフェアーに語った。

 

 

スティーヴォー

iloveweed11

2007年に「一切のドラッグを止める」と公に誓ったスティーヴォー。しかし、マリファナだけはOKなよう。

 

マドンナ

iloveweed13

1994年に出演したデビッド・レターマンズショーの中で、彼女は出演直前にマリファナを吸ったことを告白。

また、いままでで一番うれしかったバースデープレゼントは、ペニスの形をしたマリファナ吸引機だったとレディットサイトのなかで話している。

 

 

ステファン・コルバート

iloveweed18

ハイスクール時代から吸っていると公言しているステファン・コルバート。

マリファナは彼のコメディー作品に多大な影響を与えたのだそうだ。

 

 

ジェニファー・ローレンス

iloveweed21

自宅の前でジョイントらしきものを吸っているところを逮捕されたことのあるジェニファー・ローレンス。

結局はそれがマリファナだったのかどうか証明することができず罪には問われずにすんだ。

しかし、バカンス先のハワイでも、女性の友達とワインを飲みながらマリファナを吸っているところを写真にとられている。

 

 

シャイア・ラブーフ

シャイア・ラブーフいわく「マリファナは悪いものではないし、やめる気もないよ。休日には両親とよく吸ったりしてたなー!」と話している。

 

 

レディーガガ

iloveweed22

レディー・ガガは、マリファナを吸いながら曲を書いたことも度々あたそう。

「マリファナのおかげで飲酒も減らせたし、人生が変わったわ!」

 

 

モーガン・フリーマン

iloveweed25

モーガン・フリーマンにとってマリファナは持病の痛みを緩和していくれる「お薬」であり

「これを違法にしている法律は最高にイカレテいるぜ!」と話している。

 

 

ジョージ・クルーニー

iloveweed27

アムステルダムのマリファナカフェのスタッフがジョージクルーニーがよく買いに来ると証言している。

彼がいつも穏やかで、カッコいい理由がこれでわかりました。

 

 

ナタリー・ポートマン

iloveweed1
ハーバードの大学時代には、マリファナを吸っていたと認めている彼女、現在では「マリファナはもう十分吸って卒業したわ」と話している。

 

アーノルド・シュワルツネッガー


ボディービルダー全盛期にマリファナを嗜好していたと話すシュワルツネッガー。

カリフォルニア州知事時代に、州におけるマリファナ合法化を推進するも達成はされなかった。

しかし28g以下のマリファナ所持の逮捕者の罰金を1万円以下に下げ、犯罪歴にも残らないように罪の軽減をしている。

 

 

ゼイン・マリク

iloveweed20

ワンダイレクションのメンバーであるルイス・トムリンソンのマリファナ吸引動画には、ゼイン・マリクも一緒に吸っているのが写っていた。

 

 

ジョン・メイヤー

iloveweed26

数えきれないほどのグラミー賞を受賞してきたジョン・メイヤー。

「Who said」など、いくつかの彼の曲の中で、”マリファナでハイになる権利”を歌っている。

 

 

ビル・マー

iloveweed8
ビル・マーは、アメリカの人気トーク番組『リアルタイム・ウィズ・ビルマー』の司会を長年務めてきた。

マリファナ合法使用同性婚を支持していて、番組収録中にマリファナジョイントをポケットから取り出しおもむろに吸い出したことがあり、それがオンエアされている。

 

 

バーブラ・ストライサンド

iloveweed24

彼女は、自身のコンサートで時々ステージ上でマリファナを吸っていたのは誰もが周知のこと。

ある日は、ハイな状態でこんなことを言っていた、「ハイ、みなさん!今日は皆さんにマリファナ、そうこのジョイントのことについてゆっくりお話したいわ!」

 

 

リリー・アレン

「生まれて初めてマリファナを吸ったのは15歳の時よ。母が忙しい人で私はそれが嫌だったの。だからいつもマリファナばかり吸ってたわ!」

 

スティーブン・タイラー

スティーブン・タイラーにとってマリファナはなにも特別なものではなくお茶代わり。

彼は、コカイン、ヘロインのヘビーユーザーだったこともあり、過去にリハビリ更生施設に何度も収容されている。
 

 

スヌープ・ドッグ

マリファナ以外に様々な犯罪歴、逮捕歴のあるスヌープ。

オランダ、オーストラリア、イギリス、ノルウェーなどは、彼を入国禁止者リストに挙げている。

 

 

そのほか大麻好きの有名人(海外)発言集

ブラッド・ピット
「大学を辞めて以来、マリファナや酒をやらなかった日を思い出せないくらいやってたよ!」

 

クエンティン・タランティーノ
「私は撮影中は吸わないことにしているんだ!(普段はいつも吸ってるけど)」

 

ミーガン・フォックス(女優)
「マリファナが良くないなんてナンセンスよ。私は堂々とマリファナが好きだと言えるわ!」

 

マット・デイモン
「初めてマリファナを吸ったのは母とだったんだ」

 

ティム・ロビンス
「マリファナを吸ってみたけど、これのどこが危険なドラッグなのかわからない」

 

ジャック・ニコルソン
「マリファナは薬とみなしてるよ」

 

ジョス・ストーン
「マリファナを初めて吸った人は怒るでしょうね”なんだこりゃ、これのどこが危険だっていうんだ‼政府はうそをついているじゃないか”って」

 

ジェイケイ(ジャミロクワイ)
「(ライブ中ステージの上でマリファナをすいながら)合法化しようよ!」

 

マイケル・ブルームバーグ(元ニューヨーク市長)

「もちろん吸ってたよ、マリファナは楽しいよね。ニューヨークはマリファナよりも体に悪いタバコの規制をしなきゃね!」

 

ラリー・キング
「マリファナはいずれ合法になるよ。だって私の知っている法律家や弁護士はみんな吸っているからね」

 


ジェームス・フランコ

「マリファナは、お酒を飲んだ時のようにひどくならないからね!」

 

ビング・クロスビー
「マリファナを吸った後に、家族に暴力をふるったって話は聞いたことがないね!」

 

サンジェイ・グプタ(脳神経外科)
「私はTIME誌に「大麻はNO」だなんて書いて大麻を批判してきたけど、本当に後悔しています。研究を重ねてきた結果、法律で罰するようなものではないということがわかりました」

 

ロン・ポール(アメリカ共和党議員)
「マリファナが違法?そんなことする価値もない。国費の無駄使いだし、多くの問題を引き起こすよ。病人だって大麻の恩恵を受けることができるのに」

 

 

記事、画像の出典 : https://herb.co/2016/10/05/celebrities-love-weed/




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-セレブ, 大麻

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.