集合的潜在意識をブレイクスルー、自由へ

からだしこう

おもしろ グルメ ランキング & リスト

おもしろ世界ランキング【食べ物編】一番カレーを食べてる国はインドじゃないって!?

食べ物に関するおもしろ世界ランキング

以前に日本テレビで放送されていた人気番組『世界番付』の中で紹介されていた

食べ物に関するおもしろランキングをピックアップしてみました。

世界で最もカレーを食べている国民

世界で最も唐辛子を食べている国民

世界で最も玉子を食べている国民

これらの1位の国が、とても意外な国で驚かれることとおもいます。

 

 


 

 

料理がまずい国ランキング

tabemono ranking_8

Photo source : pixabay.com

1位:イギリス

2位:アメリカ

3位:ロシア

これは、世界最悪の料理はどこですか?というネット投票を募った統計によるものです。

イギリスの代表料理と言ったらなんといっても『フィッシュ&チップス』が有名ですが、これを見るとわかるように、基本的にイギリス料理には味付けがほとんどされておらず、味付けは個人の好みに応じて自由にして下さいという食文化です。

つまり出された料理に、ケチャップを付けようがマヨネーズを付けようが、醤油、味噌、サルサソースetc、何を付けようが個人の自由と言う事なのです。

ある意味、究極の個人主義食文化ともいえます。

ただ、味が無いので不味いと言われます。

 

 

和食が好きな国ランキング

tabemono ranking_13

Photo source : pixabay.com

1位:シンガポール
「日本食が好きですか?」という質問に「はい」と答えた割合 91.8%

2位:フィリピン 87.3%

3位:メキシコ 84.5%

4位:中国 79.1%

 

約2000件あると言われる、シンガポールの和食サービス&レストラン。

シンガポール以外の大概の国では、和食レストランを利用している客の90%は日本人と相場が決まっています。

しかし、シンガポールはそうではありません。

和食レストランの利用客の少なくとも半分は、地元シンガポール人なのです。

上流層から広がった和食人気が、一般層にも広がり浸透してきているのです。

今後はシンガーポールのように地元人に和食好きが増える国が世界に増加していくに違いありません。

そうなると、日本の板前、シェフが今まで以上に日本から海外に出て行き活躍する機会が増えます。

とても魅力的な市場であります。

 
 


 
 

パンをよく食べる国ランキング

640px-Turkish_bread

Photo from wikipedia

1位:トルコ
年間消費量 168㎏

2位:チリ
年間消費量 86kg

3位:フランス
年間消費量 58kg

***********
10位:日本
年間消費量 16.8kg

日本人の10倍の量のパンを食べているトルコ人

そのパンの種類は豊富で無数にあるのですが、もっともよく食べられているのが上の写真のエキメッキ

トルコのフランスパンとも呼ばれ、外はパリパリ中はフワフワで世界中のパンを食べ歩いたパン通もうなる美味しさだとか。

世界三大料理の一つトルコ料理は、パン文化も超ハイレベルであることを覚えておきたいところです。

 

 

カレーが好きな国ランキング

tabemono ranking_11

Photo source : pixabay.com

1位:バングラディッシュ
一ヶ月にカレーを食べる平均回数 71.1回

2位:パキスタン 56.3回

3位:インド 46.6回

***********
10位:日本 3.0

 

世界でカレーを最も食べているのは「インド人」かと思いきや、NO!

実際はバングラディシュやパキスタン人のほうがカレーを食べているのですね。

元々、この3国はカレー食文化が基本でした。

しかし、近年インドは経済的に成功し、貧困者の多いバングラディシュやパキスタンに比べると中産階級、上流階級が育ってきたので、食生活に世界の様々な食文化を取り入れる余裕が出てきました。
 

 

お米を沢山食べる国ランキング

tabemono ranking_1

Photo source : pixabay.com

1位:バングラデシュ
一人当たりの1日の消費量 473g (おにぎり約10個半)

2位:ラオス
一人当たりの1日の消費量 445g (おにぎり約10個)

3位:カンボジア
一人当たりの1日の消費量 436g (おにぎり約9個半)

***********
50位:日本 119g

 

世界でカレーを最も食べているバングラディシュ人が、同時に世界でもっともお米を食べているという結果がでました。

これはつまり、バングラディシュ人は1年365日、ほとんど「カレーとごはん」しか食べていないということです。

これは、食に対して保守的であり、「生まれながらに食べてきたものが一番おいしいし、それ以外のものは美味しいとは感じない」というのが理由の一つなようです。

 

 

魚をよく食べる国ランキング

tabemono ranking_7

Photo source : pixabay.com

1位:モルディブ
一人当たりの1日の消費量 381g

2位:アイスランド 242g

3位:キリバス 198g

***********
6位. 日本 155g

 

魚をよく食べる国ランキングの上位の国々に共通しているのは、すべて海洋に浮かぶ島国です。

また上位の国は比較的健康寿命国の上位に入っている国も目立つことから、やはり魚中心の食生活は体に良いということが見て取れます。

魚レシピの多い国に生まれるということは幸せな事なのです。

 

 

チーズをよく食べる国ランキング

tabemono-ranking_16

Picture: Mallivan

1位:フランス
一人当たりの年間の消費量 25.9 kg

2位:アイスランド 25.2 kg

3位:フィンランド 24.7 kg

***********
日本の年間の消費量は2.2 kg

 

チーズを最も良く食べている国1位は、フランス

そのフランスで最も良く食べられているチーズは「エメンタール」と言う穴の開いたチーズ(上の写真)です。

この「エメンタールチーズ」は、そのまま食べることもできますが、すりおろして料理に加えて使うのが一般的です。

ピザ、グラタン、チーズフォンデューなどに使われることが多く、日本ではこれらを自宅で作る人口がそれほど多くないせいか、あまり日本で人気のあるチーズではありません。

 

 

甘いものが好きな国ランキング

tabemono ranking_5

Photo source : pixabay.com

1位:フランス
一週間に甘いものを食べる回数 9.3回

2位:カザフスタン 7.4回

3位:ベルギー 7.3回

***********
28位:日本 4.3回

 

ブルボン王朝に花開いたフランスのスウィーツ文化。

その後、一般市民にも食後に甘いデザートを食べる文化が浸透し、いまだにその習慣は健在です。

とても面白いことにフランスでは、チーズを使ったお菓子(チーズケーキなど)はほとんど見かけません。

チーズ消費量世界第1位のフランスでは、チーズはお菓子として食べるものではなく食事の時に食べるものという概念が強くあるからのようです。

 

 

唐辛子をよく使う国ランキング

tabemono ranking_10

Photo source : pixabay.com

1位:ボスニア・ヘルツェゴビナ
一人当たりの1日の唐辛子消費量 22.1g

2位:ペルー
一人当たりの1日の消費量 11.7g

3位:ガーナ
一人当たりの1日の消費量 9.4g

***********
76位:日本 0.2g

 

唐辛子をよく使う国の料理と聞くと日本人には「ただ辛いだけで美味しくない」とおもわれがちなのですが。

とんでもありません!

上位の3つの国はとてもバラエティーに富んだ豊かな食文化が有名な国々で、特に2位のペルーはWTA(ワールド・トラベル・アワード)で「世界で最も美食を楽しめる国」5年連続で最優秀賞に選ばれています。

1位のボスニア・ヘルツェゴビナの料理も思ったほど辛くなく人気のある理由は、使われているのが唐辛子と言っても「パプリカ」が使われているからです。

 

 

マヨネーズをよく食べる国ランキング(78ヵ国)

 

1位:ロシア
一人当たりの年間マヨネーズ消費量 5.1㎏

2位:リトアニア
一人当たりの年間マヨネーズ消費量 4.3㎏

3位:ウクライナ
一人当たりの年間マヨネーズ消費量 3.7㎏

***********
19位:日本:1.5㎏

 

世界一マヨネーズを消費している国ロシア。

ほとんどの食べ物にマヨネーズかけて食べないと気がすまない超マヨラーが勢ぞろいしているんだとか。

家庭では、バケツ型容器のものを購入するもあっという間になくなってしまうそう。

私もごはんにマヨネーズと醤油をかけて食べるのが大好物な人間なので、ロシア人に親近感をかんじます。

 

 

卵をよく食べる国ランキング

tabemono-ranking_17

1位:メキシコ
年間消費量 352個

2位:マレーシア
年間消費量 343個

3位:日本
年間消費量 329個

 

意外なことに日本は世界の中でも玉子をよく食べる国の一つなのであります。

この一番大きな理由は、日本独自の生卵食文化です。

海外のほとんどの国では卵を生で食べる習慣はありません。

玉子を生で食べるには、非常に厳しく衛生管理された環境が必要だからです。

それと、生卵(半熟卵)と醤油ダシの絶妙な組み合わせのレシピが日本には多くあり、これは見逃せないポイントです。

玉子かけごはん、蕎麦、うどん、すき焼き、かつ丼、天丼などなど。

玉子は日本人の食習慣に、思った以上に深く根ざしていたのですね。
 
 


 
 

麺をよく食べる国ランキング(40か国)

tabemono ranking_9

Photo source : pixabay.com

1位:韓国
一ヵ月に食べる回数 9.8回

2位:シンガポール、ナイジェリア
一ヵ月に食べる回数 8.4回

3位:スイス
一ヵ月に食べる回数 8.1回

***********
12位:日本 6.4回

 

 

キノコがとれる国ランキング(71ヵ国)

tabemono ranking_15

Photo source : pixabay.com

1位:中国
キノコ類の年間生産量 525万トン

2位:イタリア
キノコ類の年間生産量 79万トン

3位:アメリカ
キノコ類の年間生産量 39万トン

***********
12位:日本 6万トン

 

 

パスタをよく食べる国ランキング(53ヵ国)

tabemono ranking_12

Photo source : pixabay.com

1位:イタリア
一人あたりのパスタの年間消費量 25.3㎏

2位:ベネズエラ
一人あたりのパスタの年間消費量 13.2㎏

3位:チュニジア
一人あたりのパスタの年間消費量 11.9㎏

***********
50位:日本:1.7㎏

 

 

外食にかかるお金が高い国ランキング(48カ国)

tabemono-ranking_19

1位:ノルウェー
夕食1回の外食で使う1人あたりの金額 6690円

2位:デンマーク:5529円

3位:フィンランド:5198円

***********
30位:日本:1823円
最下位:フィリピン:570円

 

 

家族で食事をする国ランキング

tabemono-ranking_18

1位:オランダ
一週間に家族で食事する回数 6.2回

2位:スペイン 5.8回

3位: ポルトガル 5.7回

***********
15位 日本 4.7回

 

 出典 : ネプ&イモトの世界番付

 




こちらも読まれています

よく読まれている人気記事

1

世界的なマリファナ肯定派の強力な追い風の中、マリファナへの興味を芽生えさせた方が増加しています。 しかし「マリファナ=人生終了」と教えられてきた私たち日本人には、これがどのようなものなのか雲をつかむよ ...

2

エジソン、フロイト、チャイコフスキー 麻薬の力を利用して仕事を成し遂げた聡明な人物達27人 麻薬を愛好していたと言われる27人の有名クリエーター達をご紹介します。 時にはドラッグの力を借りて仕事をな ...

3

 海外移住希望者必見 生活費が安い国 最新ランキング! 収入が増えないのに物価だけが上がっていく、だんだん生き難い国になっている気がする。 そんな日本に嫌気がさしてきたら思い切って住む場所を見直してみ ...

4

黒い肌から白い肌に変貌とげたセレブ達 日本ではもう長い間ホワイトニング化粧品がスタンダードになっていますが、ほとんどの製品が肌の色を根本から変えるものではありません。 最近海外のアフリカ系の人々に広が ...

5

「海外サイトによる」地震の多い国ランキング トップ10 世界各地で発生している地震。 日本は地震の多い国という認識は私たち日本人だけではなく世界共通の認識になっています。 日本は地震の多い国であること ...

6

日本人が観光ビザを事前に取得しなければ入国できない国は34カ国 日本のパスポートは世界で最強なパスポートです。 最強とはパスポートパワーが強いという意味で、事前にビザを取得していなくてもパスポート一つ ...

7

現在世界が最も恐れる危険人物7人 現在世界で最も危険要注意人物とされている男たちを紹介します。 彼らのほとんどは、自分あるいは自分の組織が人を何人殺そうが何千人殺そうが全く気にしない気質。 究極のサイ ...

8

  2020年のノーベル賞受賞者が発表されました。 今年は、13人の個人と1つの団体の受賞が決定いたしました。 毎年12月に行われる授賞式は、新型コロナの影響でオンラインにより行われるとのこ ...

9

最も自然災害(地震など)の少ない安全な国ランキング 国連大学(United Nations University)による「世界リスク報告書」の最新リーポトでは安全な国ランキング(危険度が少ない国)が発 ...

-おもしろ, グルメ, ランキング & リスト

Copyright© からだしこう , 2021 All Rights Reserved.